倒産と租税との働き

破産は破綻法で定められているように、破産することによって今までの返しきれない貸付がゼロになる仕組です。ただし納税は国民の義務ですからこれを免れることはできません。ただ確定資源税やネイティブ税・サラリー税など困難になるようでしたら、税務署にコンサルティングに行きましょう。分別若しくは延滞キャッシュを免除できるかもしれません。税務署員は何も鬼ではないのでコンサルティングすれば有難い戦術を探って頂ける。破産にてタックスも払わなくても良いと考える方がいますが、そうではありません。また破産により、洗い浚いを失うわけでもありません。20万円以下の預貯金は当座の生活費100万円未満なら所持しててもいいことになっています。これらは近年の破綻法改変でそんなになりました。タックスは払わないと延滞税が重くのしかかるので、是非とも税務署をめぐって相談することが大事です。破産を通じて辛い取立てや督促が無くなっても、新たな借金を抱え込んだら昔も子どももありません。

▲ページトップに戻る