ちゃんと支出決めるでした

近年付き合っている亭主と結婚することを検討している人類で借入れを持っているなら、それはさっとケアを通じておく方が良いです。ぼくは以前に付き合っていた亭主を婚姻をすることになりましたが、その際に自分が200万ほどの借入れを持っていることを亭主に白状しました。結婚前に敢然と伝えておかなければ先行きにあたってトラブルになると思ったことが要因でしたが、結果的には結婚前に借入れをカミングアウトして、何しろ亭主からすると厳禁妻って判断されて離れた収益です。結婚前に借入れを告白して離れたことは仕方の無い面があって、婚姻後に伝えてもきっと離婚していたと思います。ぼくは敢然と結婚前に200万を完済するべきであり、結構運命の大見逃しだったという悔やんでいる。心の中では本心、婚姻をすれば亭主がやはり200万を皆済できるのではと容易い主観を持っていたことは事実です。一般的に婚姻をした両人が別れをする理由としてお金のだらしなさが理由になることは多いと聞いたことがありますが、ぼくはいやにその典型的なシルエットだと言えます。もうすぐ婚姻を検討している人類で金融業者から負債をしているなら、それは敢然と皆済しておく方が良いです。

▲ページトップに戻る